トラブルシューティング

ピンホール

2015.12.22

【現象】
●塗膜に小さな穴が発生したり、泡上の小さな膨れができる

ピンホール

【原因】
●塗膜(塗料)に含まれる溶剤が急激に乾燥し、泡状に残ったり小さな穴ができる。
 塗膜の溜り易い(Rやコーナー部)箇所に発生しやすい。

【環境による原因】
●塗装場所の温度が低い。

【塗装作業による原因】
●急激な加熱。
●エアー中に水分が混入。
●厚塗り。
●パテの素穴処理か不十分。
●吐出量が多い。
●塗料の粘土が高い。
●air圧不足。
●セッティング時間が短い。
●シンナーの乾燥が速すぎる。

【対策】
●厚塗りを避ける。
●急激な加熱をさけ、徐々に加熱し溶剤の急激な蒸発を避ける。
●塗装後代予備乾燥をとり、溶剤を自然乾燥した後本乾燥する。

【処理】
●ピンホールが発生した箇所を研き再塗装する。

自動車補修用塗料製品・販売メーカー株式会社エスコート

  • 〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-9
  • 〔本社〕
    • TEL:078-201-5316
    • FAX:078-201-7433
  • 〔研究センター〕
    • TEL:078-202-9074
    • FAX:078-202-9086
  • 東京営業所
    • 〒170-0013 東京都豊島区池袋2丁目14-2
    • TEL:03-5953-7036
    • FAX:03-5953-8862