製品案内

季節によるクリヤーと硬化剤の使い方(例1~例9)

作業性重視で速乾性の作業を希望の場合

製品名 適正温度範囲(℃) 備考
硬化剤速乾 硬化剤標準 硬化剤遅乾
例1 S 0~15 5~25 15~35 塗装温度が5℃以下の場合おすすめです。
例2 H 0~15 5~25 20~35 シンナー硬化剤で仕上がり性を調整
例3 HN 5~15 10~30 20~35 冬場には硬化促進剤を利用してください
例4 FHⅢ 5~15 10~30 20~35 シンナー硬化剤で仕上がり性を調整
GH・FHⅢクリヤーも速乾性の作業が可能です(例9)

冬場は作業性を夏場は仕上がり性を希望される場合(例5)

製品名 適正温度範囲(℃) 備考
硬化剤速乾 硬化剤標準 硬化剤遅乾
HN 5~15 10~15 5℃以下では硬化促進剤の利用も検討下さい。
春秋 HN/TN 15~25 HN/TNの併用あるいは混合で使用下さい。
TN 20~30 25~40 夏場は遅いシンナーを利用下さい。
HN(HX、FHⅢ)およびTN(TX、FTⅢ)クリヤーの併用あるいはブレンド(混合)で季節に合わせた使用方法を行ってください。多くのボディーショップで利用いただける一般的な使用方法です。

仕上がり性を重視したいあるいは大型車の塗装を希望される場合

製品名 適正温度範囲(℃) 備考
硬化剤速乾 硬化剤標準 硬化剤遅乾
例6 T 5~15 15~25 25~40 シンナー硬化剤で仕上りを調整
例7 TN、FTⅢ 10~15 15~30 25~40 シンナー硬化剤で仕上りを調整
冬場は硬化促進剤の利用も検討ください。仕上がり性を重視されるボディーショップで有効な使用方法です。全塗装およびバス、トラック等の大型車の塗装に最適です。

高級車の耐スリ傷性クリヤー塗装を希望される場合(例8,例9)

製品名 適正温度範囲(℃) 備考
硬化剤速乾 硬化剤標準 硬化剤遅乾
例8 G、GT 10~15 15~30 25~40 シンナーおよび硬化剤で仕上りを調整してください。
冬場は硬化促進剤も利用下さい。
例9 GH 0~15 10~25 20~35
高級車、濃色の殺傷性(耐スリ傷性)が要求される場合の塗装に最適です。

クリヤー販売の実績

  1. 全国47都道府県の実績があります。南は沖縄・石垣島から北は北海道まで、様々な気候に適応しながら拡販を行っています。実車塗装実績は1200万台を超えました。
  2. 現在クリヤーを使用されているボディーショップは,5500店を超え順調にリピートを頂いております。
  3. 取扱い販売店は120社、拠点数は180箇所以上あり順調に顧客を増やしていただいております。取扱い販売店は塗料販売店および自動車部品商、その他独立して開業された販売店もあります。

自動車補修用塗料製品・販売メーカー株式会社エスコート

  • 〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-9
  • 〔本社〕
    • TEL:078-201-5316
    • FAX:078-201-7433
  • 〔研究センター〕
    • TEL:078-202-9074
    • FAX:078-202-9086
  • 東京営業所
    • 〒170-0013 東京都豊島区池袋2丁目14-2
    • TEL:03-5953-7036
    • FAX:03-5953-8862