製品案内

メタリック・2コートパールのボカシ塗装標準仕様

※スプレーガンはS.COAT No.2010またはNo.2012の口径1.3mm、ATOM S.Cの口径1.2mmを推奨いたします。
作業工程 作業内容 エアー圧
(Mpa)
吐出量
(回転)
ガン距離
(cm)
カラーベースの
捨て吹き
figure02
(1)SVフィラーおよびSPフィラーのエッジ部分の拾い塗り。
(2)パターンを1/2~2/3重ねで薄く均一に塗装する。(※SPフィラー部分よりやや広めに、薄く均一に塗装する。)
*オーバーミストはタッククロスでふきとる。
(3)ゴミなどの不具合が発生した場合は、乾燥後に(空研ぎ)#1000以上のペーパーで研磨する。
0.15~0.2 3.0~3.5
(ATOM S.Cガン2.0~2.5)
15~20
カラーベースの
色決め
パターンを2/3~3/4重ねで、ツヤがでるように隠蔽するまで均一に塗装する。(塗重ねは指触乾燥を待ってから行う。)
*オーバーミストはタッククロスでふきとる。
0.15~0.2 3.0~3.5
(AT2.0~2.5)
15
カラーベースの
ボカシ・ムラ取り
色決めの時よりスプレーガンを離して、パターンを2/3~3/4重ねで、半ツヤ程度に塗る。ボカシ際がでないようになじませながら塗り拡げる。
*オーバーミストはタッククロスでふきとる。
0.1~0.18 2.0~3.5
(AT2.0~2.5)
15~20
セッティング (1)常温乾燥(指触乾燥まで)
(2)目安は20℃で10分程度
     
クリヤー (1)捨て塗り(必ず必要としない)
 ※薄く均一に塗装する
(2)仕上げ塗り
 指触乾燥を確認後2回塗り、肌を整える。
 (クリヤーと硬化剤の調合比率は各クリヤーのページをご参照下さい)
0.2~0.22 3.5~4.0
(AT3.0~3.5)
10~15
クリヤーボカシ 2段ボカシ
1回目…カップに残ったクリヤーの30%~50%のシンナーで希釈。
2回目…さらに残量の50%程度シンナーで希釈。
0.05~0.1 1.5~2
(AT1.0~1.5)
10~15
乾燥 各クリヤーの指定乾燥条件。
(クリヤーの乾燥条件は各クリヤーのページをご参照下さい)
     
磨き仕上げ ゴミ・ブツ・肌荒れ部分は#1500~#2000のペーパーで磨き、コンパウンド゙で肌を整える。      

自動車補修用塗料製品・販売メーカー株式会社エスコート

  • 〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-9
  • 〔本社〕
    • TEL:078-201-5316
    • FAX:078-201-7433
  • 〔研究センター〕
    • TEL:078-202-9074
    • FAX:078-202-9086
  • 東京営業所
    • 〒170-0013 東京都豊島区池袋2丁目14-2
    • TEL:03-5953-7036
    • FAX:03-5953-8862