製品案内

クリヤコート

S.Coat No.2000、No.2015 ECOシリーズ

クリヤー

業界No.1の作業性と低コスト

  1. ツヤ、肌が良く、肉持感がよい。タレとワキのバランスが良い。耐久性も市場で実証済み。
  2. 乾燥性、磨き作業性、ボカシ作業性に優れ、作業の大幅な短縮ができる。
  3. クリヤーのブレンド(混合)が自由にできる。きめ細かな作業が容易にできる。
  4. 経済的(他社クリヤーより10~50%以上のランニングコストを削減できる)
  5. 他社4:1,10:1クリヤーに比べてハイソリッドで環境に優しいエコ塗料

クリヤーの種類と特徴
(みがき作業性とボカシ作業が簡単、作業時間最短のクリヤーラインナップ)

製品名 タイプ 混合比率
(重量比率)
シンナー
希釈率(%)
使用温度(℃) 特徴
2015HX 速乾 10:1 5~15 0~25 PRTR特化則対応の10:1クリヤー。速乾でみがき性が良好。TXクリヤーとのブレンドが可能。
2015TX 高外観 5~15 20~35 PRTR特化則対応の10:1クリヤーで、肌のびがよく、夏場に最適。
2000S 超速乾
(濃縮)
4:1 30~60 0~20 濃縮タイプで、冬場や寒冷地での塗装に最適。夏場のパネル塗装も可能。業界No.1の超速乾クリヤー
2000H 速乾
(濃縮)
25~55 5~30 濃縮タイプで、速乾クリヤーの定番。シンナー希釈が多く塗装温度範囲が広い。
2000T 高外観
(濃縮)
20~50 15~35 濃縮タイプで、高外観クリヤーの定番。シンナー希釈が多く塗装温度範囲が広い。大型車の塗装に最適。
2000HN 速乾 0~15 10~30 他社4:1クリヤーに比べ外観がよく、作業性に優れる速乾タイプ。TNとのブレンドも可能
2000TN 高外観 0~15 15~35 他社4:1クリヤーに比べ外観がよく、作業性に優れる高外観クリヤー。HNとのブレンドも可能
2000FHⅢ 高外観
(速乾)
3:1 15~30 5~25 HNの外観を向上させたタイプ。仕上り性、乾燥性、みがき作業性に優れ、業界No.1のコストパフォーマンス(新製品)
2015FTⅢ 超高外観 15~30 10~35 TNの外観を向上させたタイプ。仕上り性、塗肌、みがき作業性に優れる。業界No.1クリヤー。
2015GH 超高外観
耐スリ・速乾
2:1 20~35 10~25 速乾性をもつ、超高外観クリヤー。仕上がり、作業性が抜群。耐スリキズクリヤーの特徴も併せ持つ最高級品。
2000G 超高外観
耐スリ
15~25 15~30 最高の肉持ち感とツヤ肌がよく高級車の塗装に最適。耐スリキズクリヤーの特徴も併せ持つ最高級品。
2015GT 超高外観
耐スリ
15~30 20~35 Gクリヤーの特化則対応クリヤー、肌のびがよく夏場に最適。G,GHクリヤーとのブレンドも可能。
*ボカシ作業はシンナーで2段ボカシ(1段目30%、2段目50%希釈)にてできます。調合後、すばやく塗装をして下さい(ツヤ、肌がきれいになります)。30℃以上の気温では可使時間が1時間未満となります。硬化剤は共通硬化剤です。

クリヤーの乾燥時間(再補修は60℃で60分間強制乾燥を行ってください)

GT、G、FTⅢ、TN、T、TX GH、FHⅢ、H、HN、HX S
10℃ 20℃ 30℃ 60℃ 10℃ 20℃ 30℃ 60℃ 10℃ 20℃ 30℃ 60℃
指触乾燥 15分 10分 5分 10分 7分 5分 7分 5分 3分
研磨可能 48時間 16時間 8時間 30分 8時間 5時間 3時間 15分 5時間 3時間 2時間 5分

塗装方法

流れ(タレ)にくいので、セミウエット~(セッティング)~ウエットの2回塗りないしは3回塗りが最適です。(セッティングは小さい面積の場合約5分、大きい面積の場合0~3分が目安)ボカシ作業はシンナーで2段ボカシ(1段目30%、2段目50%希釈)にてできます。尚、ボカシレベリング剤、他社ボカシ剤を使用することもできます(他社ボカシ剤を使用される場合、あらかじめ試験を行ってから実車で塗装してください)。硬化剤調合後はすばやく塗装をして下さい(ツヤ、肌がきれいになります)。使用するシンナーは、S.No2000に示す各種シンナーを推奨します(他社シンナーも使用することもできます)。

スプレーガンの標準条件

スプレーガンはS.COAT No.2010、S.COAT No.2012、ATOM S.Cを推奨いたします。
吐出量(開き回転数)は3~4回、吐出圧力(MPa)0.2~0.22、スプレーガン距離は10~15cm、パターン幅は全開が目安です。

自動車補修用塗料製品・販売メーカー株式会社エスコート

  • 〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-9
  • 〔本社〕
    • TEL:078-201-5316
    • FAX:078-201-7433
  • 〔研究センター〕
    • TEL:078-202-9074
    • FAX:078-202-9086
  • 東京営業所
    • 〒170-0013 東京都豊島区池袋2丁目14-2
    • TEL:03-5953-7036
    • FAX:03-5953-8862