トラブルシューティング

オレンジピール(ゆず肌)

2015.12.22

【現象】
●塗装面がオレンジ(柚子)の表面のように凹凸状の塗り肌になる現象。

オレンジ

【原因】
●塗膜になる過程で、平滑になる前に乾燥してしまう。

【設備・機器による原因】
●スプレーガンの口径が大きすぎる。(標準は1.3㎜)
●スプレーガンのパターン不良。

【環境による原因】
●高温。

【塗装作業による原因】
●塗装ボディーの温度が高い。
●塗膜が薄い。
●吹き付け圧が低い。
●ガンスピードが速い。
●ガン距離が遠い。

【塗装作業による原因】
●シンナーの番手選定ミス。
(蒸発が速すぎる)
●塗料粘度が高い。(塗料の流動性が小さい)
(希釈率が低い)

【対策】
●乾燥スピードの遅いシンナーを使用する。
●塗料の希釈率を上げて、粘土を下げる。
※染まりが悪くなったり、タレの原因になるため希釈し過ぎには注意する。

【処理】
●耐水ペーパー(♯800~♯1200)で水研ぎ
し、コンパウンド中目~細目~極細で磨く。

自動車補修用塗料製品・販売メーカー株式会社エスコート

  • 〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-9
  • 〔本社〕
    • TEL:078-201-5316
    • FAX:078-201-7433
  • 〔研究センター〕
    • TEL:078-202-9074
    • FAX:078-202-9086
  • 東京営業所
    • 〒170-0013 東京都豊島区池袋2丁目14-2
    • TEL:03-5953-7036
    • FAX:03-5953-8862